トレチノインで美白にした後はヒルドイド軟膏で保湿

トレチノインとローズヒップは美白効果があります。
まずトレチノインはビタミンA誘導体の一つで、肌のターンオーバーを促進して内部からシミを消す効果がありまう。
レチノールなど他のビタミンA誘導体にも同じ働きがありますが、トレチノインの働きはおよそ100倍とも言われます。
シミを排出するだけでなく、肌を生まれ変わらせてコラーゲンやヒアルロン酸を生成します。
そしてより効果を出すためにビタミンC誘導体を含む化粧品を併用します。
ビタミンCはそのままでは吸収されにくいですが、ローズヒップティーを飲むことで、高価な化粧品を買わなくても美肌が手に入ります。
ローズヒップはビタミンCの爆弾とも称されており、レモンの20倍ものビタミンCを含んでいます。
通常ビタミンCは熱に弱いので食事から摂取することが難しいですが、ローズヒップの場合はビタミンCが保護されているので壊れません。
ビタミンCには紫外線によって受けたダメージを修復して、シミを作るメラニン色素の生成を抑制します。
またコラーゲンの生成にも関わっています。
その他にもカルシウムやβカロテン、リコピンなど美肌成分が豊富に含まれているので、くすみを消して肌にハリを与えます。
顔全体からくすみが取れたら、保湿して有効成分を閉じ込めるのが良いです。
それに有効なのが、ヒルドイド軟膏です。
ヒルドイド軟膏の主成分はヘパリン類似物質です。
ヘパリンだけでは皮膚に塗っても吸収されないので、構造を変えています。
ヒルドイド軟膏は吸水作用が非常に高く、内側から潤いを保ちます。
また肌のバリア機能を高めて新陳代謝をスムーズに行うので皮膚の炎症が改善され、血行も良くなることから健康的な見た目になります。